様々な用途のLED

身近な所で様々な用途のLEDが利用されています。


例えば、大半の人が持つと言う携帯電話にもLEDが利用されていますし、充電を行って動く家電品にもLEDが付けられていて、充電中は赤く点灯し、充電が完了すると消灯すると言うものです。

また、充電を必要とするソーラーライトの照明部分にも採用されている事があり、この場合は省エネ効果もある事からも従来のソーラーライトよりも長い時間の点灯が可能になるというメリットがあるのです。

また、携帯に使われいるものは色とりどりのものが利用されてる事があります。



これは1つのLEDが複数の色を放つものです。
因みにこのような物は、多色LEDや多色発光ダイオードなどと呼びます。

多色発光ダイオードは、赤と緑と青の3色の半導体となっていて、色を組み合わせる事で多色となるのです。これは絵の具を利用する時の事を思い出すと解り易く、赤と緑の絵の具を混ぜるとオレンジ色になり、赤と青の絵の具を混ぜると紫色になります。

更に、緑と青では水色になります。



また、発光ダイオードでは色の反射があるので赤と青と緑を混ぜると白色になるのです。



たった3つの色を放つLEDをコントロールする事で、7色の発光ダイオードを実現できるわけです。



更に、多色化におけるドライバーを使う事で更に細かい色を作る事も可能で、色の階調でもある32768色の色も作る事が可能となるのです。

ソーラーパネル太陽光発電について分からない用語が出てきたら、まずネットで調べましょう。




因みに、照明器具などにもLEDが使われています。
照明器具としての利用価値も省エネ効果があったり、寿命が普通の電球と比べるとながったり、球切れがおき難いなどのメリットはあります。

一時と比べてみても値段はかなり下がって来ていて買いやすくなってはいるのですが、白熱電球などと比べるとどうしても値段が高く、住宅の中にある全ての照明を変えると言うことをする人は少ないのです。

今後は値段も更に下がり買い易くなると良いのですが、それまでにはもう暫く掛かるのかもしれません。

http://www.pc4353.net/about.php
http://www.pken.com/tool/typing.html
http://pcsa.or.jp/